Nick’s international experience and skill set is rare and highly sought after, combining broad experience of advising international businesses on commercial/corporate transactions and technology regulatory matters with fluent Japanese language skills. With over 20 years’ experience of the Japanese market, including many years with Herbert Smith Freehill’s Tokyo office where he worked closely with Steve Lewis, Nick’s core client base is comprised of Japanese multinational corporates spanning industry verticals.

Widely recognised for his expertise in data protection and technology-related matters, Nick has been ranked by both Chambers & Partners and Legal 500 for his extensive experience in advising companies from a range of sectors with cross-border GDPR and e-Privacy compliance. His client base is broad, encompassing multi-national corporates as well as high-growth start-ups, in sectors as diverse as e-commerce, manufacturing, retail, finance, pharmaceuticals, social media, and cloud-based software.

Nick has co-authored the EU section of the first ever Japanese language reference text on Japan/EU/US data protection issues together with the distinguished Japanese law firm Nagashima Ohno & Tsunematsu.

2018/19 Legal Directories quotes:

Chambers & Partners, 2019 Edition (Information Technology):
“Nick Mathys of Lewis Townsend LLP is recognised for his work on complex cross-border transactions and regulatory issues. His expertise in the Japanese market is highlighted as a key strength”

Legal 500, 2018 Edition (IT and Telecoms):

“Fluent Japanese speaker Nick Mathys has ‘extensive experience’ and leads the Japan practice, which assisted companies from a range of sectors with cross-border data transfer compliance, e-privacy matters and complying with the General Data Protection Regulation (GDPR) that will take effect in 2018.”

 

ニックは類まれな国際業務経験と専門能力を兼ね備えた弁護士であり、クライアントからの仕事の依頼が常に絶えることがありません。彼は、流暢な日本語を駆使し、世界的な企業に対して商業・企業間の取引きやテクノロジー規制に関するアドバイスを幅広く行っております。当事務所マネージング・パートナーのスティーブ・ルイスと共に、ハーバート・スミス・フリーヒルズ外国法事務弁護士事務所の東京支店で勤務した時期も含め、20年以上にわたり日本市場に関わってきており、こうした実績から、彼のクライアントリストには業種を問わず多くの日本の多国籍企業が名を連ねています。

 

データ保護法とテクノロジー関連全般についての専門知識を有していることで広く知られており、様々な業種に対しクロスボーダGDPRとeプライバシーのコンプライアンスに関するアドバイスを行った豊富な経験から、Chambers & Partnersと Legal500の双方で選出されています。ニックのクライアントは多国籍企業やベンチャー企業など幅広く、業種も電子商取引、製造業、小売業、金融、製薬業界、ソーシャルメディア、クラウドベースのソフトウェアと多岐にわたります。

 

日米欧の個人情報保護に関する日本語の書籍としては初めての本の欧州章を著名な法律事務所、長島・大野・常松法律事務所と共同執筆しました。

 

2018/19年版Legal Directoriesからの引用:

Chambers & Partners、 2019年版 (IT部門):
「 Lewis Townsend LLPのニック・マテイス弁護士は、複雑なクロスボーダ取引や規制関連の法律業務には定評があります。特に日本市場に関する専門性は彼の強みとして特筆すべきです。」

Legal 500, 2018年版 (IT と テレコム部門):

「ニック・マテイス弁護士は日本語が流暢であり、弁護士としての豊富な経験を有し、ジャパンプラクティスの第一人者です。様々な業種の企業に対してクロスボーダデータ移転の際のコンプライアンス、eプライバシー規制関連と 2018年に欧州で施行される一般データ保護規則(GDPR)遵守に関してのサポートを行っています。」